2018年9月17日月曜日

壁の補修

 今年の冬、家の中の配管が凍って割れてしまいました。

 割れたときはまだ水は漏れてなかったと思うんですが、春に近づくにつれて氷が解けて水が勢いよく漏れてきました。

 漏れ始めたのを気付いてのは少したってからで、気付いた時には壁が落ちていました。

 とにかく漏れてる水を止めて、落ちてきた土壁を始末しました。

 この写真は土壁を始末した後に撮ったもので、最初はあたり一面に泥と水が溢れていました。

 
 コンセントも近くにあったんですが、よく漏電しなかったと思います。

 業者の方に壁の補修をしてもらったんですが、煤で色が変わっていたので、新しい壁の色の二色になってしまいました。

 

 コンセントも取り付けて・・・・、
 
 きれいには仕上がったんですが、なんか色が・・・・・。

 元の色に戻るには囲炉裏に火を入れて煤がつくまで待たないといけないでしょうね。

 それまでどの位かかるか分かりません。

 水を流していたにもかかわらず配管が割れたので、今後どのように冬を過ごせばいいのか・・・・・。

 でも今回割れた配管は取ってしまったので、同じ場所では割れないと思います。


 

2018年5月5日土曜日

屋根の補修

 冬の雪の影響で、薪を積んである場所の屋根が落ちてしまいました。

 それで直すことにしたんですが、なにしろ工作というものに全然自信がない。

 でも放っておくと薪が雨に濡れてしまうので、やってみることにしました。

 
 屋根が落ちたのは家の屋根から雪が落ちてきて、当たったんだと思います。

 それに、もうだいぶ古くなっていましたから。

 

 まずコンパネを買ってきて足りない部分は板を継ぎ足して・・・・・。
 
 上には波板を載せて・・・・。

 やっと出来ました!!
 

 持ちた屋根は壊して燃やそうと思います。

 波板を曲がらずにきれいに切るのに自信がなかったんですが、時間をかければ何とかなるものだと思いました。

 これで見た目もきれいになりました。

 痕は薪を積み増すだけです。

2018年5月3日木曜日

板取の桜

 もう桜の時期は終わりましたが、板取にも何本か桜の木が植えてあります。

 ただ雪が深いためによく折れるので、なかなか手当てをすることが出来ません。

 

 雪が多かった今年は珍しく枝は折れませんでした。

 枝が伸びるとどうしても雪の影響を受け易くなって、折れてしまいます。

 それでも健気に春になると綺麗な花を見せてくれます。

 きっと板取を訪れる人も茅葺きの家と桜を見て心が躍るんではないでしょうか。

 あまり目立たずにひっそりと咲く桜。

 でも見ている人はいますね。

2018年5月2日水曜日

雪囲いの取り外し

 長い冬も終わって、雪も大分溶けたので雪囲いを取り外しました。

 家の周りを囲んでいた柱と板を解きほぐします。
 

 玄関の板も外します。
 

 これでスッキリしました!!
 
 
 
 外した柱や板は一所に固めて来年の冬までさよならです。

 今年の冬は雪の降り始めも早く長引きました。

 それでも時が来ればゆきは溶けるものです。

 こんな季節を生き抜いた人はきっと我慢強いんでしょうね。

 さて、ホコリが溜まっている部屋を掃除して、旅人を迎えられるようにします。

 

2018年4月8日日曜日

屋根のコケ取り

 今年の雪は大雪でした。

 雪が多いと茅葺きの屋根も痛みます。

 これは屋根に積もった雪がずり落ちる時に、茅も巻き込んで落ちるためです。

 また、屋根を長く持たせるために、屋根に生えたコケを取り除く必要があります。

 今年は、3月の雪が残る時期に行われました。
 


















 





 下にはブルーシートを敷いて、取り除かれたコケが散らばらないようにします。
 

 屋根は急こう配なので直接屋根の上にのぼることはありません。
 
 梯子に乗りながら、熊手でコケを取ります。

 こうやって見ると高所作業ですね。
 
 高所恐怖症の人には出来ません。
 
 こうやって手間暇をかけるからこそ残せる家です。

 板取にある4軒の茅葺き屋根の家は町の所有となっているからこそ出来るんでしょう。

 河原の屋根では毎年手間をかける必要もありませんが、茅葺きの家は時間とともに腐っていくので、手を加え続けることが必要です。

 こう考えると個人では持てない家ですね。


2017年7月4日火曜日

紫陽花

 紫陽花がきれいに咲きました。

 今は梅雨。

 この紫陽花はここに住んでいて人が植えたものですが、冬の雪にも耐えて毎年咲いてくれます。

 

 大きくは育ってないんですが、板取の風景に彩りを与えてくれます。

 

2017年6月23日金曜日

茅葺き屋根の修繕

 屋根がだいぶ痛んできたので修繕することになりました。

 茅葺き屋根はススキで葺いているので時間が経てばどうしても腐っていきます。

 その腐食を少しでも遅らせるために囲炉裏で火を焚くんですが、日常的に火を焚く必要があります。

 昔は煮炊きするのはもっぱら木を燃やしたので結果的に毎日火を入れてました。

 ですが、今ではそのようなことも無くなってしまいました。

 これが屋根が長く持たなくなった理由です。(逆に言えば短い期間で修繕しないといけない)

 また、予算のこともあるので中々綺麗には直せません。

 今年は予算がついて直すことになりました。

 小雨が降る中、トラックで足場が持ち込まれました。

 
 

 この日は資材を置いたあと、足場を組み立てました。
 
 
 

 この日は足場を組んだだけで終わりました。

 茅は別の日に持ってくるそうです。


2017年6月20日火曜日

桑の実

 板取では昔副業として蚕を飼っていました。

 蚕を飼うには餌となる桑の木が必要ですが、その木が何本か残っています。

 長い間放置されてきたので大木になってしまいましたが、今の時期なると実が付きます。

 

 桑の実は子供にとっては良いオヤツで、学校の帰りなどによく食べたものです。

 今では板取には子供はいなくなり食べる人はいなくなりましたが、昔を懐かしんでいる人は取って食べます。

 私もその一人で、懐かしい味でした。

 ただ果汁が服につくと取れなくなるので注意が必要です。


2017年5月13日土曜日

屋根材(ススキ)の作り方

 昨年末に刈り取ったススキを車庫に保管して置いたんですが、季節もよくなってきたので束にして纏めて屋根裏に補完することにしました。

 昨年刈り取ったススキはこれだけではないんですが、雪囲いをしてしまったため板取に持って行けない分を車庫に保管してました。

 写真では少なく見えますが、
 

 実際にはこれだけあります。


 縄で束ねて持ち運びしやすいようにしました。


茅材として必要な長さは1.8メートル以上のススキですが、太さもあまり太いものだと緻密にならないので、細いススキが良いものだと言われます。

 でも細ければ長さが短くなってしまうし、曲がり易くもなるので、なかなか良いススキを見つけるのは難しいですね。

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■


2017年4月11日火曜日

雪囲いの片づけ

 雪もだいぶ溶けて晴れた日が多くなってきました。

 家を雪から守っていた雪囲いももう役目を終えました。

 

 

雪が残っている間は柱や板が湿っていたため、乾くのを待っていました。

 湿ったまましまうと柱などが傷むからです。

 

 

 片づけると言ってもそれ専用の小屋がある訳ではないので、立て掛けておくだけですが・・・・。
★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■